2021年 09月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30   
休業日
配送受付終了日
2021年 10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       
休業日
休業日
配送受付終了日
 

トップ > 国産家具 > 【浜本工芸】 3人掛け革張りソファ S7408 木部カフェオーク/皮革No.2840 幅183cm 国産家具

【浜本工芸】 3人掛け革張りソファ S7408 木部カフェオーク/皮革No.2840 幅183cm 国産家具

メーカー希望小売価格:206,800円(税込)

定期購入価格
お届け 商品単価
初回 10,740円(税込)
2回目 5,740円(税込)

受注生産

●毎月ご利用代金をお支払いいただく定額利用コースです。
●初回分に、送料5,000円が含まれています。
●二回目以降、1か月に1回、毎月月末にご利用代金のご請求を致します。
●最初のご契約時に、お客様ご指定日の配達が難しい場合、事前にご相談させていただきます。
数量
 

国産家具

定番革張りソファ。ステッチが美しい。
奥行き78cmのコンパクト設計ですが、座面部分の奥行きを50cmとってあり、しっかり座れるソファ。
【バケットシート構造】
身体を包み込むようなバケット構造。姿勢が崩れにくく、長時間座っていても疲れない構造。
【体圧分散・積層構造クッション】
Sバネの上に密度の異なるクッションを積層させ、適度な反発力と優れた体圧分散性を発揮。腰あたりがよく、姿勢が崩れにくい為、長時間座っていても疲れにくい。
【立ち上がりサポート】
足元の空間は、立ち上がるときにかかとが入る為、ふんばりが利きやすい。ひじ部分は「高め+幅広」の設計で、持ち易く、立ち上がりやすい。
【衛生的】
足元の空間は掃除がしやすく、お部屋を広く見せる効果あり。
【ノックダウン構造】
本体とひじの部分が分解できるので、搬入時に不可が掛かりにくい構造。

素材:本革(一部合皮)
木部:カフェオーク
皮革:No.2840レッド(厚み1.3-1.4mm)

ご注文からお届けまで約1ヶ月のお時間を頂戴しております。
画像をご覧になる環境により、色目が違って見える場合がございます。
あらかじめご了承下さいませ

 浜本工芸のこだわりはこちらから>>
 http://www.hamamotokougei.co.jp/concept/index.html

  • お気に入りリスト
  • 【ナラ・オーク材へのこだわり】
    浜本工芸は、1948年の創業以来、様々な木材を手がけた経験を経て、主材として選んでいるのが「楢(ナラ)・オーク材」です。硬く耐久性に優れ、素材感に富んでおり、使い込めば使い込むほどに馴染んでいく、家具づくりには最適の素材です。 ナラは繊細で多様な木目、オークは少し大味な木目が魅力です。浜本工芸は、ナラ・オーク材の特性を知り、長年に渡るノウハウと蓄積してきた加工技術により、高品質な家具を製作しています。 家具に焼印された「浜本工芸」のマークは、安心と信頼の証であると同時に、ひとつひとつの家具にこだわり抜いた生産者の自信の表れでもあります。

  • 【国内生産へのこだわり】
    浜本工芸は加工から仕上げまでを国内生産で行っています。厳しい品質管理と徹底した技術管理のもとで、品質の高い家具を生産するためです。 また、一般社団法人日本家具産業振興会より、「安全・安心・環境」という点に配慮した国産家具を生産する事業者として認定を受けています。使用する塗料や接着剤にはホルムアルデヒドの放出濃度が最も少ない「F☆☆☆☆」ランクのものを使用しています。また、万が一お子さまが家具にぶつかってもけがをしにくいように角を丸くする配慮や目に優しい塗料を採用して光の反射を和らげるなどの品質も大切にしています。安心してお使い頂ける家具です。

  • 【長年お使い頂くためのこだわり】
     ゞ度 
    部材同士の接合、なかでも曲木同士の接合は、木目の美しさや曲線のラインを失わないようにするため、加工機器の細かな設定や接着剤の塗布に至るまで、熟練職人の目で、入念に徹底的に確認されます。長年の使用にしっかりと耐える強度を出すために通常の物よりも抜けにくくしたダボの形状など、見えない部分に浜本工芸のこだわりがあります。
    ◆“しさ 
    楢(ナラ)・オーク材の美しい木目と木肌の風合いを引き出すために、ワイピング塗装を行っています。これは、木材の導管と素地に着色を行い、より深みのある色と艶を引き出す大切な工程です。その日の塗料の馴染み具合や木材によって異なる木肌を確認しながら、熟練の「手」で仕上げていきます。時間と技と、そして愛情を注がれた家具の魅力です。